コラーゲン

お肌はコラーゲンから作られています。正確にいうと皮膚から水分を除いた残りの70%がコラーゲンです。しかしコラーゲンは十代後半から三十代前半をピークに、年齢とともに減少していきます。加齢とともに正常なコラーゲンが減少、お肌が劣化していきます。 減少すると、古いコラーゲンを支えるために、劣化した部分をムリヤリ繋ぎ止めるようになってきます。そして、コラーゲンが少なくなってくると皮膚の代謝能力がてきめんに落ちてしまいます。その結果お肌から弾力性や、みずみずしさが失われシミやシワをつくる原因となってしまうのです。 逆にコラーゲンが潤沢にあれば若々しい滑らかなお肌を保つことができます。 また、しなやかで健康な髪も手に入ります。まさにコラーゲンは「若さと綺麗」を保つための泉といっても良いでしょう。皮膚以外にもコラーゲンは骨、関節、血管、内臓など、カラダの重要な臓器や器官にも多く含まれており、健康なカラダを維持するための欠かせない要素になっています。
髪も皮膚と同じくタンパク質でできています。 コラーゲンは人間の体を構成するたんぱく質の一種で、肌の弾力性や保水力を保つ大事な働きをしています。毛髪は毎日成長を続けていますが、ちょうど植物が大地に下ろした根から養分をとるように、皮膚の真皮層から栄養分を摂取します。つまり、真皮層のコラーゲンが元気でたっぷりあれば、毛髪の栄養分が十分に供給されるため、毛髪は太くツヤツヤしてくるのです。 コラーゲンをたっぷり摂ることで真皮を活性化すれば毛髪を太くし、白髪や抜け毛を防ぐために大きな効果が期待されます。
またコラーゲンには腰痛や関節痛、また女性に多い骨粗しょう症を予防したり血管を強くして動脈硬化をはじめとした生活習慣病を防いだり、といった、さまざまな健康効果があります。最近では免疫力を高める効果についても研究が進められています。
つまり、より美しく、より元気で健康に生きるためにコラーゲンは人間に欠かせない大事なパートナーなのです。